いーはとぶ日日新聞

ならのきブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
映画「倫敦から来た男」観てました
 楢ノ木例会で映画「倫敦から来た男」を観てきました。

渋谷イメージフォーラムはコンクリートむき出しの建物で
階段風のチラシ置きがあったりと小さくていい雰囲気の映画館でした

皆さんには

倫敦から来た男
ハンガリーの田舎町
その不気味な日常に不穏な「石」が投げ込まれる。
移動サーカスと見せ物の“クジラ”、広場に響く“プリンス”と名乗るものの声
彼らはどこから来てどこへ行くのか

というメールを送りましたが映画が始まって見ると

あれれ???

さっきの宣伝文は同じタル・ベーラ監督の
「ヴェルクマイスター・ハーモニー」のもので間違って送ってしまっていました
どうもスミマセン

倫敦から来た男は
港の鉄道員マロワンが殺人現場を目撃し
彼の生活が変わっていくストーリーでした

淡々としたテンポで話が進んでいき
ワンカットで長いシーンを撮っているのが印象的でした


3月の楢ノ木会はパーティ発表会を見に行く予定です
| comments(2) | trackbacks(0) |
お月さん お月さん
080914_1822~01.JPG


お月さん お月さん
まんまるまるるるん


今日は満月です。


月明かりに照らされ落ちた葉のない木の影が好きです。





今日、「ものがたり文化の会 第29回賢治童話 人体交響劇発表会」が代々木で行われました。
この前の記事にもチラッと書きましたが、私はカメラマンをさせていただきました。

谷川雁さんがつくりあげたこの会は、私がお腹の中にいる頃からやっている活動です。


老若男女、みんなで意見を言い合い、一つの宮沢賢治の童話をつくり上げた集大成がこの年始にやる発表会。かなと思います。


発表会という目標に向けて頑張っているけど、本当はその過程がすごく楽しくて、すごく大事な時間。
カメラのレンズからみた一人一人のその顔には、一人一人がとらえた物語が写っていました。



そのあと、楢ノ木会の20周年記念交流会がありました。

私が小さな頃にお世話になったお兄さんお姉さんたちが沢山きていて懐かしかったです。


この世代が造り上げた楢ノ木会をなくしちゃいけない。
そしてまた昔のみんなも今のみんなも集まり交流する場をなくしちゃいけないとつくづく思いました。

去年一年間関東楢ノ木会幹事をさせていただきましたが、
この20周年に発表会に発表できなかった事、
人が集まらなかったこと、
自分自身がまず時間をうまくつくれなかったこと。。。
など、色々反省することばかりです。

やっぱりみんなで語り合いたい。
みんなで物語をつくりあげたい。


そう思う満月の夜。
| comments(0) | trackbacks(0) |
12月の例会
残念ですが、楢ノ木は年始の発表は、メンバー不足のため断念しました。

つきましては、28日の例会は練習を予定してましたが、
その日前田パーティーの山田歩君が出演するダンスの公演がありますので例会として見にいこうと思います。
事前予約が必要です。興味のある方、行きたいなという方、25日(木)までに幹事 田中か根本までご連絡ください。


「帝国、エアリアル」
会期:2009年12月28日(日)
会場:新国立劇場 小劇場
開演時間:15時〜
料金:B席 前売3000円


| comments(0) | trackbacks(0) |
page top   
1 / 1 pages

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS